2018年9月12日水曜日

スタッフインタビュー vol2. 事務長・増野麻美 「何でも相談して、気軽に来てもらえる場所でありたい」


クリニックにお越しいただく皆さんと、スタッフ一同、普段、コミュニケーションをとる機会はありますが、私たちのライフヒストリーについてお話することは滅多にありません。スタッフ同士でも、意外と知らないこともあります(笑)。
皆さんに、より安心して、クリニックにお越しいただき、お話いただけるよう、スタッフのインタビュー記事を連載してまいります。2弾は、事務長の増野麻美です。



Q:増野さんはもともと、医療職ではなかったんですよね?

 そうなんです。大学を卒業してから埼玉で5年間、幼稚園教諭をしていました。そのあと1年間オーストラリアにワーキングホリデーに行って、一時帰国してから、少しの間、アジアを旅行しました。そのとき訪れたカンボジアで日本とは全く違う世界に触れて、考え方が少し変わったんです。日本に戻って再就職を考えたときに、もっと社会貢献や人の役に立つ仕事をしたいという意識が強くありました。
 そのときに思い浮かんできたのが看護師でした。もともと母が看護師をしていて、大学に進学する際、幼稚園教諭になるか看護師になるかとても迷ったんです。なので、もう一度学校に入って看護師の免許を取ることも考えましたが、時間も費用もかかってしまいます。それで、とりあえず地元で一番大きい佐久総合病院に求人の問い合わせをしました。そのタイミングでは事務職の募集はなかったのですが、履歴書を送っておいたら、2週間経たないうちに連絡が来たんです。「ドクターズアシスタント」を募集し始めたけど、どうですかと。

Q:ドクターズアシスタントって何ですか?

 正式名称は、医師事務作業補助者と言います。医師が行っている仕事のなかで、「医師でなければできない仕事」も、もちろんありますが、例えば診断書を書くとか、他院への紹介状や返書等の文書作成の補助や、電子カルテの入力を代行するとか、医師じゃなくてもできる事務的なことって、実は結構あるんです。そうした部分を、医師の指示の下で代わりに行うことによって、事務的な業務の負担を軽減するのがドクターズアシスタントの仕事です。その他には、患者さんと先生の間や、看護師と先生の間に入って、いろいろ伝達したり調整したり、いわばドクターの秘書みたいな仕事ですね。実は、私も就職するまでは、全く知らなかった職種でした。
 ちなみに、学生時代に職業の適正テストみたいなものを受けたとき、私に適した職業の1位は「秘書」だったんです。なので、今思うときっとこの仕事は私に向いていたんだと思います。
 医療知識がないゼロからの状態で佐久総合病院に入って、大変でしたがやりがいも大きくて、気づけば竹村院長のいた心臓血管外科について6年ほどが経っていました。

Q:幼稚園の先生とはまったく違う世界ですよね。いろいろ大変そうですが、くじけそうになることはなかったんですか?

 当初配属になった外科では、癌の患者さんなどと接することも多くて、「死」と向き合わなければいけないのがつらかったですね。子どもはすごく「生」の存在で、生きる活力に溢れていたので、ギャップが大きかったです。
 あとはプレッシャーもずっとありました。オペに関わる業務もしていたので、責任も重かったですし、佐久医療センターに移ってからは、心臓血管外科には私一人しかドクターズアシスタントがいなかったので、体調を崩しても代わりがいないというプレッシャーをいつも感じていました。
 でも少しでも私がそうして先生たちの代わりに仕事をすることで、先生たちがより効率よく仕事ができて、違うことに時間を使えたり、患者さんのためにもなることを考えると、やりがいを感じられましたね。


Q:クリニックに来てから感じている違いはありますか?

 やはりクリニックのほうが患者さんとの距離がより近いと思います。家族の悩みを打ち明けてくださる方もいらっしゃいますし、家庭環境や家族構成まで把握して、「最近こういう状況のはずだから、こういうところは大変なんじゃないか」といった、より細かな対応ができるよう心がけています。患者さんお一人お一人にちゃんと目を向けていきたいですね。「受診じゃなくても、お話だけでも、いらっしゃってくださいね」とよくお伝えしています。

Q:これから挑戦したいことはありますか?

 今はとにかく、クリニックで自分ができることを頑張ることですね。ゼロからのスタートで去年開業して、だいぶ落ち着きましたが、患者さんも増えてきてスタッフも多くないので、ひとりひとり頑張らないといけないと思います。私もまだまだ足りない知識があるので、もっと身につけていきたいです。

Q:普段は伝えられていない患者さんへのメッセージはありますか?

 ドクターには言いづらいことってあると思うんです。例えば飲み忘れて薬が余っているとか、よく言われることがありますし、どこか痛かったり調子が悪くても、何科にかかったらいいか分からないという話もよく耳にします。ドクターには言い出しにくかったり、遠慮して聞けないようなことを、話してもらえたらうれしいなと思います。
 クリニックとか病院だと思わずに、困ったことがあれば何でも相談して、気軽に来てもらえる場所でありたいです。それこそが本当の意味で「かかりつけ」になるんじゃないかと思っています。

  
〜番外編〜

Q:健康について、ご自身で気をつけていることはありますか?

 私はもともと健康志向で、体にいいって聞くとすぐ試したくなるんですよね。スムージーとか酵素とかもはまりましたし、バランスボールとか健康器具もいろいろ買いましたが、どれも続かないんです(笑)。
 でも、患者さんに歩いたほうがいいですよとか、運動したほうがいいですよって言っているから、私も人に言うだけじゃなくてやったほうがいいなと思って。ジャザサイズというものに今年の頭から通い始めました。それは今も続けられています!
 ジャザサイズは、リズミカルな音楽にあわせて踊りながら体を鍛えるフィットネスです。楽しい、というのもあるのですが、まわりの通っている方たちが60歳とか70歳とか、私より年上の方が多くて、私も頑張らなくちゃと奮い立たされます。それがきっと続けられている一番の理由ですね。ただ最近、筋肉がつきすぎちゃって…、これ以上ムキムキになったら困るなと思っています(笑)。

0 件のコメント:

コメントを投稿