2021年6月2日水曜日

スタッフインタビュー 臨床検査技師・新津恵理奈 「もう戻らないつもりでいた」 5年のブランクからの復職とクリニックでの新たな挑戦

クリニックにお越しいただく皆さんと、スタッフ一同、普段、コミュニケーションをとる機会はありますが、私たちのライフヒストリーについてお話することは滅多にありません。皆さんに、より安心して、クリニックにお越しいただき、お話いただけるよう、スタッフのインタビュー記事を掲載しています。

今回は今年4月にクリニックに入ったばかりの臨床検査技師、新津恵理奈(にいつ えりな)です。


Q 最初に、「臨床検査技師」という職種、馴染みがない人も多いと思うので、どんなお仕事か簡単に教えていただけますか?

臨床検査技師は医療にまつわるさまざまな検査を行います。大きくわけると、血液や尿など、患者さんから採取したもの、これを「検体(けんたい)」と呼びますが、それを検査する「検体検査」と、心電図やエコーなどを使って、患者さんの体を直接検査する「生体検査」の2種類があります。クリニックでは両方やりますね。

Q どうして臨床検査技師の道に進まれたのですか? 

高校卒業後の進路を決めるときに、大学には行こうと思ったんですけど、何学部に行くか悩んでいたんですよね。そのとき親から、これからの時代は何か資格をとっておいたほうがいいんじゃないかと言われて、それなら医療系か教員かなと思ったんです。その2つのどちらかといったら、うちは父親が昔から結構、病院通いをしていて、私も付いていくこともあったので、医療のほうがある種の身近さがあったんですよね。

じゃあ医療の道にしようと思って、なかでも最初は、リハビリなどを担当する理学療法士に興味があったんです。でもセンター試験の結果を見たら、その方向は厳しそうで
。残った選択肢が看護師か臨床検査技師でした。でも私のなかで、看護師さんってものすごく大変そうなイメージがあったので、じゃあ臨床検査技師かなって。当時、どういう仕事かあまり理解していなかったんですけど、選んでしまいましたね(笑)。

Q たしかに看護師さんはイメージが湧きやすいですけど、臨床検査技師って、あまり知られていないですよね。

そうですよね。私も大学で学びながら「検査技師ってこんなこともやるんだ!」って知っていくことも多かったです(笑)。「絶対になりたい!」という思いがあって入ったわけじゃなかったので、勉強がしんどい時期には、何度かやめたいと思ったこともありました。でも、実習が始まったらおもしろくて、続けられましたね。

Q どんなところが面白かったのですか?

体の中で起きていることがわかるのが面白いなって思ったんです。血だったり尿だったり心電図の電極をつけたりすることで、外からは見えないし、感覚でも捉えられないような、体内のことがわかるんです。それがすごくおもしろいと思いましたね。

Q 大学卒業後はどうされたのですか? 

総合病院で9年ほど働いていました。

Q前職ではどんな検査を担当されていたのですか?

私は部署の異動が多かったんです。就職して最初に配属になったのが、病理という部門なんですけど、そこは手術して取り出した臓器の細胞から癌の検索をしたり、亡くなった方の解剖をしたりする部署でした。そこにいたときが、精神的にも肉体的にも負担が大きく結構しんどかったですね。

そこに
3年いたのちに、血液や尿を検査する検体部門に異動して3年ほど。さらにそのあと、心電図やエコーをやる生理検査の部門と、検体部門の両方を掛け持ちして3年ほど働いていました。

そんなふうに転々と異動していたので、一つの部門に長く居る人に比べると、どうしても経験値的には少ないんですけど、でも、いろんな経験をしてきたからこそ、クリニックで、血液も心電図もエコーも全部やってくださいって言われても、あまり抵抗がなかったですね。


Q 佐久心臓血圧クリニックに入ったきっかけは何だったのでしょう?

クリニックに入る前は、
5年ほど専業主婦をしていたんです。上の子が年少にあがるタイミングで、下の子と一緒に保育園に預けて、仕事をしようかなと思い始めました。でも実はそのとき、検査技師の仕事にはもう戻りたくないと思っていたんです(笑)。5年離れていたので技術も知識も衰えていましたし、別の仕事もやってみたいっていう気持ちがあって。

とはいえ、いざ探そうとしてみると、1からまったく新しいことを覚えるのは自信がなかったり、関心がある領域の働き口はあまりなかったりして。コロナの影響も長引いていたのので、やっぱり働くのは先延ばししようかなって思っていたタイミングで、院長から、クリニックで働かないかと声をかけてもらったんです。

Q 先ほど「臨床検査技師の仕事にはもう戻りたくなかった」とおっしゃっていましたが、クリニックに入るのを決めたきっかけは 

総合病院の検査技師と、クリニックの検査技師は、もしかしたら同じ職種でも少し違うかもしれないなと思ったんですよね。あとはやっぱり、自分を必要としてもらえたことが嬉しくて、やってみようかなって決めました。

Q 実際、クリニックで働いてみて、総合病院との違いを感じるところはありますか?

まだ1ヶ月しか働いていないので、ぼんやりとした感覚ですが、何より患者さんとの関係性や距離感は違うなと思いますね。総合病院だと、検査技師もたくさんいますし、一度検査した人をもう一度診ることって稀なんですよね。偶然、同じ人を検査することがあっても、患者さんは私のことをたぶん覚えていないと思います。

でもここのクリニックでは、予防医療を大事にしているのもあって、短期的な治療で終了される方より、通っていただいて長いお付き合いになる方が多いんですよね。だから、スタッフの人たちも患者さんのことをしっかり覚えているし、患者さんの側もスタッフひとりひとりを「〇〇さん」って名前で呼ぶぐらい覚えてくださっている。こういう関係性っていいなと思います。

職場環境としても、スタッフの人たちもみんな明るくて、いい空気だなと思っています。クリニックでは、スタッフが少人数で、基本的にひとりひとり役割も違うので、いい意味で自分の役割に集中できますし、他のスタッフの人たちにリスペクトを感じやすい気もしています。
ただ、少人数だからこそ、倒れられないなとも思いますね(笑)。クリニックに勤めるようになってからは、子どもたちが保育園から帰ってきたら真っ先に手と足を洗わせています(笑)。

Q 臨床検査技師の仕事をやっていてよかったなと思うのはどんな時ですか?

やっぱり、検査をしたことで病気を見つけられた時ですかね。病気が見つかることは、患者さんからすれば悲しいことでもあるとは思うんですけど、でもやっぱり、今ここで見つけられてよかったなって思いますし、そのお手伝いができたことはうれしいです。


Q クリニックに入ってまだ1ヶ月ではありますが、今後挑戦したいことや目標はありますか? 

院長から言われていて、ゆくゆく頑張りたいと思っているのは、腹部エコーの検査結果を患者さんに説明できるようになること、ですかね。

総合病院にいた頃は、検査技師は検査室で患者さんに説明をしてはいけないっていうルールだったんです。検査をしている最中に、たとえば同じところばかり見ていたり、どこかで写真をとったりすると、「そこに何かあるんですか?」「もしかして癌ですか?」って不安に思われて聞いてくる患者さんもいらっしゃるんですね。でも、検査技師がそこで話をして、そのあと医師から違う説明があったときに、患者さんの不安を余計高めてしまうじゃないですか。だから検査技師は検査だけして、検査結果の説明は医師にしてもらうっていうのがルールだったんです。なので、ここに来て院長から「あなたから説明してね」って言われたときには、驚きましたね(笑)。

最近は医療現場で「チーム医療」ということがよく言われていて、医療に関わるさまざまな職種の人が、それぞれの専門性を活かして連携して診療にあたる形を理想としているんですけど、
クリニックに来てからは、「みんなで一緒のチーム」っていう感覚が前よりしています。

あとは、やっぱり患者さんに顔と名前を覚えてもらいたいです。検査をする上でも、呼吸を一時止めてもらうとか、患者さんの協力が必要なことも多いんです。なので、リラックスできる空気を作りたいですし、患者さんとの関係性をもっと育めたらいいなと思っています。


Interview & Text / Ai.A

2021年5月25日火曜日

当院でのコロナワクチン接種について(7月31日更新)

本日(7月31日、土曜日)はワクチン予約を休止いたします。(外来業務、ワクチン接種業務により電話対応ができません)ご予約は8月2日(月)午前11時以降にお受けいたします。ご了承ください。

当院では、佐久市、立科町にお住まいでワクチン接種券をお持ちの40歳以上の方は、予約可能券をお持ちでなくてもワクチン接種の予約をいたします。また、当院に基礎疾患があり通院中で、接種券がお手元にあるかたは、佐久市、立科町以外に在住の方も予約可能です。(当院での第1回目の接種は8月10日で終了予定です)

佐久市、立科町にお住まの40歳未満の方は、キャンセル待ちでお名前を頂戴することが可能です。(キャンセル待ちは接種を確約するものではありません。当日夕方にお電話にてご連絡する形になります。また、8/11で接種を終了いたしますので、それまでにご連絡しない場合には、当院での接種は不可能となりますので、ご了承ください。)

予約は電話にてお受けいたします。午前9時から12時、午後3時から6時の間にお電話いただきますよう、お願いいたします。(直接窓口でも予約可能です)予約の際には接種券に記載されている番号が必要です。あらかじめ接種券をお手元にご用意いただき、お電話ください。

また、接種日の変更はお断りしております。予約日に関しては、よくご検討の上ご予約をお願いいたします。

接種来院時のお願い

接種後の待機時間が必要なため、現在、待合室内が大変混雑しております。また、駐車場も限りがあり、同様に大変混雑しております。極力、時間正確に来院していただくようお願いいたします。早めに到着し、当院駐車場で時間調整していただくこともご遠慮ください。


2021年3月24日水曜日

当院での高血圧治療、初診時にはこんな感じになります。

 健診などで「高血圧」の指摘を受けられた方、前から高血圧を指摘されているけど、特に症状もなく、治療をされてこなかった方、当院の名称をみて、あるいはホームページなどをみていただき受診を検討していただく方もいらっしゃると思います。


皆様が不安なく、当院での治療をお受けいただくために、ここで簡単な当院での治療コースを説明させていただきます。


当院ではおおむね定型的な治療のコースを設定し、院長、看護師を中心としたチームに患者さんも参加していただき治療を進めていきます。


最初の受診時(初診時)

問診表にも記載していただきますが、これまでの経過などのお話を伺います。この際、これまでの健診の結果などをお持ちでしたが見せていただけると大変役にたちます。また、ご両親やご兄弟などが「高血圧」などの病気をもっていないかなども大切な情報として伺います。もし、しばらく健診などの検査をお受けになっていない場合には、初診時に採血検査をさせていただきます。これは、高血圧による臓器の障害がないか、また動脈硬化等をすすめる他の要因がないかなどを確認させていただきます。

初診時には当院の特色として、肥満度、脂肪量、筋肉量などを調べる「体組成検査」、簡単な動脈硬化度をしらべる検査を施行させていただきます。(2つとも医療費のかからない無料の検査です)

検査と併せて、看護師より「家庭血圧の測定方法」を説明し、「塩分チェックリスト」を使用して現在の塩分の摂取状況を点数かするとともに、減塩のポイントについて、指導させていただきます。(このブログのあとにある血圧側手方法の動画をご覧いただいていると、時間の短縮が可能です。)

最後に、再度院長が内服をすぐに開始する必要があるか否かを判断し、患者さんご本人と相談させていただきます。当院では3/4程度の患者さんは、初診時には内服を開始せず、4週間程度家庭血圧を測定、記録していただきます。再診時、内服開始について検討しますが、そのまま内服なく、生活習慣の改善で経過観察させていただいている患者さんもいらっしゃいます。


家庭血圧の測定方法を動画でご説明

 昨年7月に一度ブログに掲載した動画ですが、高血圧治療の第一歩である「家庭血圧の測定方法」を当院の青木看護師がわかりやすく説明しています。当院の患者様では熟知されている内容ですが、たまに復習をしていただけるとよいかと思います。

また、当院に「高血圧治療」を目的として受診を検討されている方。ぜひ、受診の前に日数がありましたら、血圧を測定、記録して持参していただけるとよいと思います。

2021年2月2日火曜日

お支払いの自動精算機を導入しました。

 コロナ感染予防対策として、窓口での皆様の「密」を防ぎ、スタッフとの接触時間を減らすことなどを目的に自動精算機を導入しました。

診察終了後、窓口にて次回予約等が終わりましたら、男女共用トイレ前に設置した自動精算機におすすみください。



自動精算機で診察券に貼らせていただいているバーコードを読み取ることにより、精算に進みます。 



当面の間、案内のスタッフが使用のお手伝いをいたします。なれるまで、少し大変に思われるかと思いますが、ご協力をどうぞよろしくお願い致します。


2021年1月11日月曜日

当院のコロナウイルス感染対策(1月26日更新)

1月25日より佐久圏域の感染警戒レベルは4に下がりましたが、当院では引き続き感染対策を強化します。来院していただく皆様にはいろいろとご不便をおかけいたしますが、引き続きご協力をよろしくお願いいたします。1月22日よりマスクに関するお願いを追加いたしました。なお、2月より管理栄養士による栄養指導は再開いたします。

感染予防のための新たな対策強化 

1.窓を開けることによる換気を徹底いたします。寒さを感ずる場合もあると思いますが、ご容赦ください。

2.院内の蜜をさけるため、なるべく予約時間にご来院ください。当日予約がなく来院される場合は、極力来院まえにお電話をお願い致します。院内が密になる場合、自家用車内でお待ちいただく場合があります。

3.予定している検査のうち、必ず必要な検査以外は延期させていただく場合があります。

4.予約当日でも電話再診への変更が可能です。電話再診をご希望になる方は、当日クリニックにお電話ください。電話再診ではご希望の薬局に処方箋をFAXにてお送りし、当院への診療費支払いは次回以降の受診時で結構です。

5.マスクは不織布マスクの使用をお願いします。飛沫感染の危険は布マスク、ウレタンマスクよりも不織布マスクが優れているとされています。医師の診察や検査時にはソーシャルディスタンスの維持が困難であり、少しでも感染の危険を避けるためです。来院時お持ちでない方には受付にて差し上げますので、2重の使用等をお願いしたいと思います。

以下、従来からの対策です。

発熱や風邪症状で受診を希望される患者様は、かかりつけの患者様、初診の患者様にかかわらず、必ず事前にお電話でご連絡ください。基本的に発熱の患者様はご自分の自家用車内、あるいは電話、オンラインを使用しての診察をお願いしております。

新型コロナウイルス感染のPCR検査、抗原検査は自家用車内での検査のみ対応しています。詳細は別ブログをご覧ください。

1.受診にはマスクの着用が必須です。また、ご家族の付き添いは1名でお願いいたします。待合室での会話は、極力ひかえていただくようお願いいたします。

院内のアルコール消毒液です。
玄関外の消毒液、こちらはお帰りに使用してください。



2.来院時には院内設置の器機でアルコール手指消毒をお願い致します。また、お帰りの際は玄関外設置器機をご利用ください。来院時には付き添いの方を含め、非接触型器機による体温測定を実施いたします。院内は毎日、午前、午後、それぞれ診療終了後に消毒を行っています。




3.院内での密集を防ぐため、待合室の椅子の間隔をあけております。待合室混雑時には自家用車でおみえの方は、自家用車内でお待ちいただく場合があります。順番になりましたら、携帯電話にご連絡いたします。自家用車以外で来院される方や、障害のある方は院内にてお待ちいただきます。雑誌閲覧後は手指消毒をお願い致します。

受付にビニールで遮蔽しています。


4.院内では窓の一部開放により常時換気をおこなっております。エアコンを常に作動しておりますが、冬の期間、場所によっては「寒い」と感じられることもありますが、安全のためにご理解をお願いいたします。


診察室の扉は診察中も半分開いたままにさせていただきます。
5.診察室換気のため、診察室の扉は半開閉のまま診察をさせていただきます。診察室内の会話が待合室に漏れる場合もありますが、現在の特別な状況に鑑み、お許しいただきたいと思います。

6.当院ではスマホ等を使用したオンライン診療が可能です。また、電話による再診も可能です。ご希望の方や、ご質問のある方は遠慮なくスタッフにお申し出ください。(詳細は、別のブログをご覧ください。)

7.オンライン診療や電話診療を受けられた患者様は、処方箋をかかりつけ薬局に当院からFAX送信し、お薬を薬局からご自宅に送っていただくことが可能です。かかりつけ薬局により対応やお支払い方法が異なりますので、ご希望の方はスタッフまでお問い合わせください。

当院で新型コロナウイルス検査が可能です。

 当院では昨年より新型コロナウイルス検査を実施しています。施行しているのは、鼻の奥から検体を採取する抗原検査と、同様の検体採取法または唾液を採取するPCR検査です。抗原検査は院内で検査を施行するため、採取後20分程度で結果ができます。PCR検査は検体検査を外部の検査機関に依頼しているため、結果がわかるのは翌日の夕方以降になります。このため、特別な理由がなければ、現在は抗原検査を施行しています。

当院は通常の患者さんと別の診察場所を確保できないため、検体の採取は患者さんご自身の自家用車内で行っています。このため、恐縮ですが自家用車以外で来院される方の検査は施行できません。

コロナ感染が疑われるような症状ある方は、必ず事前にクリニックにお電話をください。来院していただく時間を指定させていただき、当院駐車場で待機していただきます。検体採取の具体的方法は、お電話にて看護師がお伝えします。

検査費用は検査当日ではなく、症状等安定後、後日にお支払いをお願いいたします。お手数をかけますが、よろしくお願い致します。