2020年5月26日火曜日

5月31日は世界禁煙デーです。当院も禁煙治療をおすすめしています。


たばこが身体に悪いことを知らずに吸っている人はほとんどいないでしょう。しかし、身体に悪いといっても具体的にどんな病気と関係しているのか、意外に知られていないようです。多くの人は肺がんの他になかなか病名をあげられません。

実際には、たばこを吸っていると、動脈硬化が原因で起こる心臓の病気や(虚血性心疾患)や脳卒中、肺の炎症が原因でおこる慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器の病気、糖尿病など全身の様々な病気にかかりやすくなります。がんについても。肺がんだけでなく、喉頭がんや胃がん、膀胱がん、子宮頸がんなど喫煙は多くの部位におけるがんのリスクとなります。

自分の意思や根性だけで禁煙を成し遂げようとすることはなかなかできません。加熱式たばこや電子たばこなどもよく出回るようになり、禁煙しているつもりになっている方も多く見られます。実は、加熱式たばこも電子たばこもニコチンや発がん性物質が認められているのです。また、健康のためにまず本数を減らし減煙から始める方は多いようです。しかし、これも虚血性心疾患のリスクを調査した研究では、1日1本の喫煙から心臓の病気になるリスクは高まり、健康上のメリットはありません。

さて、禁煙に挑戦しても、つい吸ってしまうのはなぜでしょう。これは、たばこの煙に含まれるニコチンがヘロインやコカインにも劣らない強い依存性を持っているからです。本数を減らせてもなかなかやめられない、習慣的に喫煙しているということは、「ニコチン依存症」であり、これは精神疾患です。

「長年吸ってきて肺は真っ黒だろうから、今さら禁煙しても無駄だな」などと考えていませんか?禁煙で起こる身体の変化は短期で実感できるものもあります。肺の機能は禁煙を始めて2週間~3ヶ月で回復がみられます。咳や息切れは1~9ヶ月で改善されます。実際に当院で禁煙された患者さんでも喉の調子が良くなった、痰が減ってきたなど喜びの声が聞かれています。健康な身体を取り戻し、さらに金銭面でも大きなメリットがあります。女性の方は、肌が明るくなり美容効果もあります。



そこで、当院での禁煙治療をご紹介します。 禁煙治療は一定の要件を満たし、医師がニコチン依存症の管理が必要であると認めた場合に健康保険等が適用され、窓口での自己負担額も軽くなります。要件を満たさない場合でも医師の判断により、自由診療で禁煙外来を受けることができます。自己負担額は(3割負担として)13,00020,000円程度です。

標準的な治療スケジュールは、初回診療で禁煙補助薬を決定します。その後12週間にわたり計5回の診療が行われます。さらに、2020年診療報酬改定において、2回~4回目の診療をオンライン診療で行うことが可能となり、当院まで受診に来なくても、家もしくは職場から診療が受けられるようになりました。

ぜひこの機会に、禁煙外来の門を叩いてみてください。私たちと一緒に禁煙をがんばってみましょう。
(K. T.)

禁煙治療薬を使用する治療のスケジュール

2020年5月25日月曜日

令和2年度の市町村検診が始まりました。

すでに、皆様のもとに各市町村より令和2年度の個別検診の受診券が届いているものと思いますが、当院では基本7項目(身体測定、血圧測定、血液検査、検尿、心電図検査、問診、診察)、各種がん検診のうち、大腸がん検診(検便)、前立腺がん検診(採血)、B型C型肝炎ウイルス検査(採血)、胸部X線検査が可能です。
また、定期的診療において施行させていただいる血液検査、心電図検査などのデータを用いた「みなし検診」も可能です。(佐久市、小諸市、佐久穂町、軽井沢町、御代田町、立科町)
ご質問などは、お気軽に受付スタッフにお聞きください。

2020年4月26日日曜日

クリニックのLINEを始めました。

クリニックからのタイムリーなお知らせを皆様にお届けできるよう、LINEを始めました。

お知らせ専用のため、LINEからのお問い合わせ等はできません。
ぜひ「お友だち」に追加してください。

スマホの方は、下記リンクをご利用下さい。

https://lin.ee/2Iqvluhzo

PCでこのブログをご覧のかたは、下のQRコードで登録をお願いします。

385qjalt.png

2020年4月16日木曜日

当院かかりつけの患者様の電話再診について(4月16日)

新型コロナウイルス対策時限措置により、オンライン診療とともに、電話を使用した初診、再診もコロナウイルス収束までの期間、可能になりました。
当院かかりつけの患者様で、電話での再診をご希望になる患者様は以下のようにお願い致します。

1.すでに、次回の再診予約のある方
 予約日に、「来院ではなく、電話再診を希望」される旨、クリニックまでお電話ください。診療の状況によって、多少時間をいただきますが、院長から電話をさせていただき、病状をお聞きし、処方箋の発行を致します。診療費用はオンライン診療と同様です。
 処方箋はオンライン診療と同様、ご自宅に送付させていただき、ご希望によりかかりつけ薬局にFAX送信致します。
 診療費のお支払いは、次回診察来院時に頂戴いたします。
 電話再診時に、次回の予約も致しますが、2回目以降も電話再診可能です。

2.再診予約のない方、予約を変更したい方
 クリニックにお電話ください。スタッフがご希望をお聞きし、電話再診予約、ないし当日の電話再診を致します。
 通常の診療でなく、他の症状で電話受診をされたい方も同様です。

3.初診の方、過去に受診歴があるが、半年以上受診されていない方
 基本的に電話での初診は受け付けておりません。オンライン診療をご利用下さい。
 当院受診歴のある患者さんでオンライン診療が不可能な方、かかりつけの方のご高齢のご家族などでは、対応が可能な場合もありますので、お電話ください。

2020年4月12日日曜日

当院のオンライン診療について(4月17日更新)

当院では2年前よりオンライン診療を行っています。当院のオンライン診療ではアプリ「CLINICS」を使用しています。スマホ、タブレットをご使用いただく場合にはアプリ「CLINICS (クリニクス)」をダウンロードしてください。また、パソコンでは「CLINICS」で検索をしていただき、アカウント登録をしていただいた後、使用が可能になります。

オンライン診療にはあらかじめ「CLINICS」内で予約が必要です。予約はご希望の日時の6時間前まで可能です。当院再診の方は診療メニュー「高血圧・生活習慣病外来」で予約をお願い致します。予約には「再診コード」が必要になります。4月2日以降に受診された方にはお渡ししていますが、わからない方は遠慮なくクリニックにお電話ください。

また、4月13日より初診でもオンライン診療が可能になりました。初診のかたは「オンライン初診外来」で診察予約をお願い致します。こちらは「再診コード」は必要ありません。オンライン診療での初診診察は、実際の病状の診断が困難な場合があります。このため、診察の結果、来院をお願いしたり、他の医療機関へ受診をお勧めする場合があります。

診療は保険診療で、対面診療よりお支払いいただく金額は低額です。お支払いは「CLINICS」内でクレジットカード情報を入力していただき、そのクレジットカードでのお支払いになります。

診察後、処方箋はご自宅に郵送させていただくとともに、ご指定の薬局にFAXで送信することも可能です。郵送をご希望の場合には、郵便代金84円のご負担をお願い致します。
現在、薬局によって処方薬をご自宅に送付し、電話等にて服薬指導を行うことも、コロナ対策期間の限定で可能になっています。こちらは、各薬局にお問い合わせください。



2020年4月5日日曜日

当院のコロナウイルス感染対策について(5月17日更新)

長野県では、緊急事態宣言が終了しましたが、当院では今後もクリニック内での感染を絶対に起こさないために、日々の対策をを当面継続いたします。しかし、お待ちいただく間の自家用車内待機は暑くなる季節でもあり、混雑時、あるいはご希望の方にお願いすることに5月16日より変更いたしました。皆様にはしばらくご不便をおかけいたしますが、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

発熱や風邪症状で受診を希望される患者様は、かかりつけの患者様、初診の患者様にかかわらず、必ず事前にお電話でご連絡ください。

1.来院時にはマスクの着用をお願い致します。また、ご家族が付き添われる場合には、1名でお願いいたします。マスクをお持ち出ない方は、今後院内での販売を検討いたします。
 咳エチケットの徹底をお願いいたします。

院内のアルコール消毒液です。
玄関外の消毒液、こちらはお帰りに使用してください。


2.院内入り口に消毒液を設置しました。来院された際には、最初にワンプッシュで手指の消毒をお願い致します。また、お帰りの際にも使用していただけるよう、玄関外にも消毒液を設置しております。院内は毎日定期的に椅子、ドアノブ、机、受付カウンターほかの消毒を行っております。

表示のある椅子はお座りいただけません。お荷物のご利用はかまいません。

3.院内での密集を防ぐため、待合室の椅子は一つ開けてお座りください。待合室混雑時には自家用車でおみえの方は、受付、あるいは検査終了後、自家用車内でお待ちいただく場合があります。順番になりましたら、携帯電話にご連絡いたします。自家用車以外で来院される方や、障害のある方は院内にてお待ちいただきます。また、一時撤去いたしました雑誌類は元に戻すことに致します(5月18日より)。雑誌を閲覧後は手指消毒をお願い致します。

受付にビニールの遮蔽をつけました。


4.院内では窓の一部開放により常時換気をおこなっております。エアコンを常に作動しておりますが、外気温によってはやや寒い場合があります。ご了承をお願いいたします。


診察室の扉は診察中も半分開いたままにさせていただきます。
5.診察室換気のため、診察室の扉は半開閉のまま診察をさせていただきます。当院では以前より着衣のまま聴診をしておりますが、実際に肌をだして診察をさせていただく場合には、ドアを閉鎖いたします。また、診察室内の会話が待合室に漏れる場合もありますが、現在の特別な状況に鑑み、お許しいただきたいと思います。

6.当院では以前よりスマホ等を使用したオンライン診療が可能です。また、電話による再診も可能です。ご希望の方や、ご質問のある方は遠慮なくスタッフにお申し出ください。(詳細は、別のブログをご覧ください。)

7.隣接したスマイル薬局ご利用のかたは、当院受診後ご自分のお車内でお待ちください。薬局で準備ができましたら、携帯にご連絡致します。(薬局内での感染予防のためです。)

8.オンライン診療や電話診療を受けられた患者様は、処方箋をかかりつけ薬局に当院からFAX送信し、お薬を薬局からご自宅に送っていただくことも可能になりました。かかりつけ薬局により対応やお支払い方法が異なりますので、ご希望の方はスタッフまでお問い合わせください。

2020年1月12日日曜日

スタッフインタビュー vol.8 医療コーディネーター・依田尚美 笑って毎日を過ごすために、定年後も働くことを選ぶ

クリニックにお越しいただく皆さんと、スタッフ一同、普段、コミュニケーションをとる機会はありますが、私たちのライフヒストリーについてお話することは滅多にありません。スタッフ同士でも、意外と知らないこともあります(笑)。

皆さんに、より安心して、クリニックにお越しいただき、お話いただけるよう、スタッフのインタビュー記事を不定期で連載しています。

第8弾は、2019年12月末月にクリニックに入ったばかりの依田尚美です。依田はこれまで看護師として佐久医療センターで働いていましたが、当クリニックでは、医療コーディネーターとして勤務予定です。

本インタビューは、当院に入ってから5日目に行なったため、これまでの来歴が中心になっています。ぜひ最新の話は、クリニックで依田に話しかけて直接お聞きください!^^


Q.依田さんは、佐久心臓血圧クリニックに来る前は佐久医療センターに勤めていらっしゃったんですよね。 


 はい。学生のときからずっと佐久病院なんです。佐久病院の看護学校に通い、佐久病院に就職して、40年間、定年まで勤めていました。  


Q.すごい!本当にずっと佐久なのですね!もともと佐久のご出身なのですか?  


 はい、生まれも育ちも佐久です。私は末っ子なのですが、兄たちが先に家を出てしまったので、なるべく親のそばにいたいと思ったんですよね。

Q.看護師さんの道を選んだのはいつ頃だったのですか?  


 中学生のときに、将来、何か手に職をもちたいと思ったんです。高校を調べていたときに、衛生看護科という、卒業とともに准看護師の資格をとれる科がある学校を見つけて、その高校を選んで進学しました。 高校に入ったら、周りはみんな看護師を目指していたので、特に迷ったり悩んだりすることなく、そのまま看護学校に進んで、看護師の道を歩んできましたね。

Q.佐久病院ではどんなお仕事をされてきたのですか?  


 私はいろんな科を渡り歩いていました。就職して最初は精神科に4年。そのあと血液内科に5年、人間ドック科に2年半、消化器外科に8年半、日帰り手術センターに7年、その後、クリニカルパス(*後述)の専任になって10年半、最後3年ほど地域医療連携室という、地域のクリニックや他の病院との橋渡し役のようなことをさせてもらって、定年しました。

Q.科が多岐にわたりますね。特に印象に残っている科はありますか? 


 消化器外科が楽しかったですね。私、昔は「死」と接するのが怖かったんです。学生時代、実習先の血液内科で若い患者さんが亡くなって…亡くなった人を見たのが初めてだったので、ショックを受けて、死が怖くなってしまったんです。なるべく死を避けたいと思って、それで最初、精神科を希望していました。

 消化器外科では、手術をすると大体の患者さんはよくなっていくし、その治っていく過程が明白だったんですよね。経験則から、「ああ、今日ここを乗り切れば、ご飯が食べられるようになるな」などと予測ができるぐらい。それが好きでしたね。 

 一方で、やはり、ご飯を食べられなくなったり、吐血して亡くなる患者さんもいらっしゃって、看取りも経験させてもらいました。その経験を重ねるなかで、学生の時から抱いていた「死」に対する心境が変わっていったんですよね。 

 学生の時には、亡くなったその瞬間の場面しか見ていないじゃないですか。でも自分が患者さんを受け持つようになったら、今度は、その方の生きてきた過程も見ている。だから、病気と頑張って戦ったり向き合っている患者さんに尊敬の気持ちが強く湧きましたし、私たちの手でできるだけあたたかく見送りたいと思うようになったんです。気がつけば、死が怖いものではなくなっていました。すごく大事な経験をさせてもらったと思っています。

 逆に人間ドッグ科は合わなかったですね。毎日ずっと同じ仕事で、自分の個性とか工夫とかが求められていない感じがつらくて…。「患者さん」ではなく「お客様」という感じでしたね。だからその頃は、定時の17時を数分超えただけでも「あら!働きすぎだわ。帰ります」って、そそくさと退勤していました(笑)。


Q.佐久心臓血圧クリニックにはどういうきっかけで入ったのですか?  


 もともと院長が諏訪赤十字病院にいた頃に、私が「クリニカルパス」についての講演会でおじゃまして知り合って、そのあと院長が佐久病院に移ってきたので、驚きの再会を果たしました(笑)。それから一緒に佐久病院の心臓血管外科のクリニカルパスを作っていました。

Q.「クリニカルパス」とは何ですか? 


 いわば治療のためのマップ(地図)ですね。例えば同じ胃がんの患者さんがいて、片方の人は7日間入院して、別の人は14日間入院する…というようなことは、基本的にないんですよね。この手術であれば、術後、何日ぐらいでご飯が食べられるとか、何日後にこの検査をしようとか、おおよそ何日で退院できるとか、だいたいの基準がつくれます。

 そうやって治療を”標準化”して可視化したマップがクリニカルパスです。これを使って患者さんに情報共有を行い、一緒にその治療のプロセスを達成して退院できるようにするものです。

 竹村院長が佐久病院に来たときには、まだ心臓血管外科のクリニカルパスが作られていなかったんです。院長はクリニカルパスを重んじてくれる人だったので、そこからどんどん作ってくれて、私もそこに協力させてもらいました。

Q.クリニカルパスは、お医者さんと看護師さんが連携しながら作るのですか?


 中心になるのは医師ですが、薬剤師さんや検査技師さんなどにも入ってもらって、チームで作り上げます。薬も検査も、治療の過程において大切ですからね。 クリニカルパスは一回作ったら終わりではなくて、何度も見直しては更新をしていきます。心臓血管外科は特に繊細な科なので、頻度高く更新をしていましたし、そのなかで、院長とも密にお仕事をさせてもらっていました。

Q.クリニカルパスを作る目的は何でしょうか? 


 医療を標準化することで、より高い質の医療を保つことができますし、効率的に治療を行えるため、患者さんの負担を減らすことにもつながります。私達医療従事者は、それぞれの仕事が可視化され、マップがあることで連携がスムーズに行いやすくなります。また、患者さんやご家族にとっても、患者さん用のパスを見ることにより、治療の全体像が可視化され不安も軽減できますね。 

Q.更新するときは、どういう基準で更新するのですか?


 例えば、クリニカルパスで、手術から14日間で退院できると設定しているけど、実際には、だいたい平均で17日ぐらいかかっているとしたら、クリニカルパスの設定が短すぎるので、日数をもっと長くする必要があります。逆に、設定しているよりも、短期間でみなさん退院できていれば、パスの設定も短くする必要があります。

 クリニカルパスの達成目標をクリアできないことを「バリアンス」というのですが、バリアンスがどれぐらいの割合で起きているかの発生率をデータで出して、その数字をもとに検証して見直しや更新を行っていきます。

Q.院長と佐久病院でクリニカルパスを一緒に作っていたご縁から、定年後にクリニックに入られたんですね。以前から定年後も働き続けたいと思っていらっしゃったのですか?


 元気ですからね(笑)。体だけは昔から丈夫で、本当に病気知らずなんです。ゴルフが趣味なんですけど、月に2回ぐらいゴルフに行って発散して、あとは仕事をする、っていうのが今までのライフスタイルだったので、休んでいる自分が想像できないんですよ(笑)。一人でいたら、どう過ごしたらいいのかわからなくて、ただぼーっとしちゃうので、働いていたほうがいいですね(笑)。



Q.40年間病院で勤めてきて初めてのクリニックですよね。病院とクリニックの違いを感じるところはありますか?


 佐久医療センターで最後に地域医療連携室にいたんですね。佐久医療センターは急性期病院のため長くは入院していただけず、いったん治療が終了したら、すぐに退院してもらうか、退院が難しければ転院してもらわないといけません。不安のない形で患者さんを地元に帰すために、その方の地元の先生をご紹介したり、「普段はかかりつけ医に通ってもらって、年に2回はセンターにきてくださいね」というような調整をしたりしていました。

 ですので、その時から、総合病院とクリニックの関係性や役割分担のようなものは、自分なりに考えたり感じたりしてきました。今度は逆の立場から医療センターを見られるので面白いですよね。ただ、やはり私はずっと総合病院で育ってきたので、クリニックの姿勢や視点に意識的に変えていかなければいけないとも思っています。

 また、まだクリニックに勤務して5日半目ですが(*取材日当時)、やはり患者さんとの距離が近いと思います。病院よりももっと”寄り添っている”感じがありますね。

Q.今後、クリニックでどんな風になっていきたいとか、こういう存在でありたいといった目標はありますか?


 クリニックに入る前、院長に「ここのクリニックで求めるものは何ですか?」と聞いたら、「患者さんに優しくしてくれて、他のスタッフと仲良くしてくれたらいいよ」と言ってくれたんです。それなら私にもできるかなと思って入りました。

 もちろん、きちんと役割は果たさなくちゃと思いますが、だからといってあまりがっついてやるというよりは、先生がスムーズに診療をできて、患者さんが気持ち良く帰れるように、落ち着いてお手伝いができたらいいなと思っています。

Q.患者さんや他のスタッフに向けて、よださんの”取扱説明書”といいますか、”こういうときはこうしてね”といったメッセージはありますか? 


 何か直したほうがいいところなど、気がついたことがあれば、遠慮なく言ってもらえればと思います。自分でいうのも何ですが、素直になれますし、言われて傷ついたりしないので。自分では気づけないことが必ずあるので、気づいた人に言ってもらえるとありがたいです。 

 これまで佐久病院のビルの中にずっといたので、世間のことは知らないことがたくさんありますし、患者さんから教わることも多いです。聞く耳をもつことは、今後も大切にしていきたいですね。

Q.仕事に限らず、今後どんなふうに歳を重ねていきたいですか?


 いつも笑っていたいですね。どんどん涙もろくなって、最近笑うと泣いちゃうんですけど(笑)。1日1個でもいいから楽しいことを見つけて過ごしたいですね。


Interview & Text & Photo / Ai.A