2019年11月23日土曜日

AXA生命のウェブ記事に院長のインタビューが掲載されました

AXA生命保険会社のウェブ連載企画「人生100年の歩き方」の記事、【健康寿命と平均寿命を近付けるには?人生100年の健康維持のヒケツは「諦めない」こと】で、当院院長がインタビューを受けました。

「健康寿命」を伸ばすための地域ごとの課題や、特に働き盛りの世代の問題点などについて、お話ししています。ぜひお読みください。


https://www.axa.co.jp/100-year-life/health/20191122?fbclid=IwAR334a1kdIU1C9fP4V-cXIhBVDia-SBO5q1oNIDlxMETBM5MetI8rQ7NwHM


2019年11月10日日曜日

2019年度患者さんアンケートの集計結果報告

当院では本年7月の1ヶ月間、外来を受診していただいた患者さん全員に匿名でのアンケートをお願い致しました。アンケートの方法はアンケート用紙を外来会計時に窓口にてお渡しし、郵送で集計機関に返送していただきました。
配布数は約800、有効回答数は約370件でした。回答いただきました皆様にはお忙しい中、ご協力いただき感謝いたします。
アンケートにてご指摘いただいた点について、誠意改善していきたいと考えております。また当院の改善対策等については、10月以降、外来受診された患者さん方にはお渡しております。
今回、こちらでは全体の集計結果をグラフでお示ししたいと思います。


ご回答いただいた方の構成です。
































2019年11月1日金曜日

スタッフインタビュー vol.6 事務職員・久保香緒里 カード会社の営業から医療業界へ、そして東京から佐久平へ “憧れ”の道を進んで行く


クリニックにお越しいただく皆さんと、スタッフ一同、普段、コミュニケーションをとる機会はありますが、私たちのライフヒストリーについてお話することは滅多にありません。スタッフ同士でも、意外と知らないこともあります(笑)。

皆さんに、より安心して、クリニックにお越しいただき、お話いただけるよう、スタッフのインタビュー記事を不定期で連載しています。第6弾は、9月にクリニックに入ったばかりの事務職員、久保香緒里です。



Q.久保さんは佐久に移住していらっしゃったんですよね。どちらのご出身なんですか?

 東京生まれ東京育ちです。でも東京が合わなくて…。人混みがすごく嫌いで、渋谷なんて、乗り換え以外で行ったのは23回程度じゃないかと思うぐらいです(笑)。中学生ぐらいからですかね、田舎暮らし…というと、地元の人に失礼かもしれませんが、東京を離れて、地方で暮らしたいと思っていました。不動産サイトの田舎暮らし特集ページに載っている物件を見ては、「こういう家だったら、こういう風に暮らそう」って想像するのが大好きでした。一緒に暮らしている母も少しずつ洗脳していって(笑)、二人で土地探しをしたのですが、なかなか希望に叶う場所が見つからず、気付けば5年ぐらいかかっていましたね。

 長野だけでなく、栃木の那須のあたりとか、熱海や伊東とかも見に行きましたし、長野の安曇野も検討しました。でも、安曇野は電車で3時間かかるじゃないですか。佐久だったら、新幹線で1時間程度だし、関越自動車道で車でも来やすいし、高速バスも走っていますしね。友人は東京に多いので、向こうに行くにも、来てもらうにも、アクセスの良さは佐久の魅力ポイントでした。そして、駅前はひらけているけど、少し離れたらちゃんと自然も残っているところもいいですよね。
 
 佐久に引っ越してきたのが7月。家が高台にあって、目の前に建物がないから眺めもいいし、今は庭を耕して、いろいろ育て始めています。東京にいるときは祖父母と同居で台所が使いにくかったこともあり、コンビニ食が多かったのですが、今はなるべく化学調味料を使わない食生活にできていて、すごく嬉しいです

Q.佐久に来る前も医療関係のお仕事をしていらっしゃったんですか?

 はい、ここのクリニックに来る前は、東京の脳神経外科で、医療事務として10年ほど働いていました。でも、その前は、医療とまったく関係がない、クレジットカード会社の営業をしていたんです。

Q.え!そうなんですか?なぜ医療業界に転身を?

 その仕事をしていたときに病気になって、入院・手術をすることになったんです。そのとき、体力勝負の仕事はもう無理だなって思ったんですよね。

 私は腹腔鏡の手術(内視鏡を用いて、画面を見ながら手術を行なう。開腹手術に比べて、傷口が小さく、身体への負担が小さい)をしたんですけど、その日の夜、一晩中1時間に1回ぐらい、バイタルチェック(血圧や脈拍、体温など基本的な体調のチェック)に来られたんですよ。手術当日ってそういうものなのかって思っていたら、翌日に手術したお隣の80歳のおばあちゃんは、開腹手術で私より体への負担も大きいはずなのに、夜、誰も来なくて(笑)。私やばかったのかなって。そのあとの回復もおばあちゃんのほうが早かったですしね。もう身体を酷使したスタミナ勝負!みたいな仕事は辞めようって思ったんです。

 退院してからいきなり週5日働くのは難しかったので、リハビリがてら、週3日は何か勉強をして資格をとろうと思って、医療事務の勉強を始めました。

Q.どうして、そこで医療事務を選んだのですか?

 うーん、どうしてですかね…。実は昔、小さい時には医者になりたいと思っていた時期もあったんですよ。テレビとかで見て、かっこいいなって憧れたんだと思います。専門性のある仕事のほうが、ずっとやりたかったですし、医療系に対する興味はずっとどこかで持っていたんだと思います。だから資格をとろうと思った時に、医療事務に手が伸びたんだと思いますね。



Q.佐久心臓血圧クリニックはどうやって見つけたんですか?

 ハローワークでの求人募集ですね。佐久にようやく良い物件を見つけて、移住を決めてから本格的に仕事を探し始めたんですけど、医療系以外の仕事も含めて見てはいたんです。やっと決まった、憧れの田舎暮らしなので、それは諦めたくなくて

 そうはいっても、せっかく医療事務を10年やってきたので、できれば続けたいと思っていたら、ここのクリニックを見つけたんです。しかも家から車で5分程度!ここは逃せない!と思って、ものすごく自分をアピールした書面を作りました(笑)。「私できます!!」って(笑)。当時まだ東京にいたので、どうなるか心配だったんですけど、最初の面接をインターネットを使ったオンラインでの面接にしてもらえたりして、すごく助かりました。

Q.働き始めたのが9月からで、ちょうど1ヶ月ぐらいですね。クリニックでの仕事には慣れてきましたか?

 ちょうど9月は下旬にクリニックの長期休暇があって、その前後は患者さんの数が多かったので、結構、ひゃ〜ってなっていましたね(苦笑)。まだ「これをやったら、次はこれ」っていうスムーズな動きができなかったり、同時に複数のことをやろうとして1個忘れてしまったりして…。小金沢さんにたくさんフォローしてもらっています。

 でも、驚いたのは、業務の幅広さなんです。前に勤めていたクリニックは、予約制ではなかったし、会計担当の人がパソコンから出してくれたものを、入力して、お金を患者さんから受け取ったらおしまいでした。お支払いも現金だけだったので、やることがシンプルだったんですよね。

 でもここのクリニックでは、受付で予約もとるし、予約日が合わなかった場合には、薬の日数を変えて、そのFAXも流さないといけない。お支払い方法にクレジットカードもありますし。受付と一口に言っても、とにかくやることがたくさんあるし、多岐にわたるんですよね。




Q.他にここのクリニックに来てから驚いたことや、感じた違いはありますか?

 専門用語をスタッフみんなが使っていることですね。前のクリニックは、受付スタッフが未経験スタートの人が多かったこともあって、専門用語は特に使っていなかったんです。使ってしまうと、新しく入ってきた人が追いつけなくなってしまうので。

 でもここのクリニックは、病院出身の方が多いので、専門用語もバンバン飛び交う。例えば、糖尿病はDMって略すとか(diabetes mellitusの略)、高血圧だったらHTとか(Hypertensionの略)、そういう言葉を受付の人も含めて、みんな知っているんですよね。お昼休みとかも、そういう専門用語でみんな会話ができているのがすごいなって思うし、そういう用語を使えると、例えば受付でちょっと患者さんのことを話しても、患者さんたちには分からないので、個人情報に関わるやりとりをしないといけないときとかに便利なんですよね。私はまだまだ分からないことが多いので、頑張って勉強しています。

 あと、こちらに来てから、患者さんたちの苗字のかぶり率には驚きました(笑)。この地域の人たちは、みんな〇〇さんっていうの、地域ごとにあるじゃないですか。その率がやはり高いなと思いますね。でも、例えば同じマツモトさんでも、あるマツモトさんの話をしていると思ったら、気付いたら別のマツモトさんの話をしていて。それを先生たちは「マツモトさん」という苗字と症状だけでちゃんと通じ合っているんです。あれには感動しましたね。みんな患者さんのカルテや症状を把握しているからこそできる会話なので…。

 まだまだ業務内容も医学知識も身につけている途中ですが、知識が増えていくのは楽しいですし、自分や家族のために役立つ知識なので、勉強のしがいもあります。

 でも、まだ日々の業務では手際が悪いところもあるかと思うので、患者さんたちには、もう少しだけ温かく見守って、待っていていただければうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします!


Interview & Text & Photo / Ai.A

2019年10月12日土曜日

10月12日ルカレさんでの健康教室、台風の中おいしくいただきました。

第7回の減塩フレンチランチと健康教室、台風の近づく中、中止も検討しましたが、5名の方に参加していただき開催しました。
今回は小人数となったたため、当院のスタッフとテーブルを囲んで食事をいただきながらの、健康教室となりました。
今回から、ランチ代金は少し値上げさせていただきましたが、バージョンアップされたルカレさんのお料理は大変おいしく、皆大満足でした。
次回は11月16日に同じ内容で予定しています。まだ、空席がありますので、是非おこしください。


前菜の「地元のお野菜をふんだんに使ったサラダ」
これまでのサラダに一仕事加えたニューバージョン?
シャドークイーンなど、珍しいお野菜も。
おいしかった!

完熟カボチャ(バターナッツ)のポタージュ
ひょうたん型のカボチャを使ったポタージュ
こちらも絶品



メインは「ローストビーフ 茄子のキャビア仕立て添え」
ランチでビーフは久しぶり。
焼き具合が素晴らしく、もっと食べたかった?
茄子や焼き玉ねぎも本当においしかったです。

デザート「紅玉リンゴのサクサクパイ仕立て バニラアイスクリーム添え」
やっぱり、デザートのリンゴは紅玉がおいしいですね。
見た目も大変きれい、そして美味
今回は、お料理のデモンストレーションではなく、お料理のレシピ、作り方のコツを教えていただきました。

「ぞっこん!さく市」ご来場ありがとうございました。

今年も10月5、6日に開催された「ぞっこん、さく市」に参加しました。両日とも、とてもよい秋晴れの2日間となり、多くの方が会場の駒場公園に来場されました。私どものブースでも、290人あまりの方が来場され、動脈硬化検査を受けていただきました。
特に午前中は多くの方に来場していただき、かなりお待たせすることもありましたが、私たちスタッフも、日頃のクリニックでの仕事と異なる楽しい時間を過ごしました。今年は、クリニックの診療日と重なってしまったため、スタッフ的にやや苦しいこともありましたが、来年も継続して参加したいと思っております。また来年もぜひお越しください。
当院のブースです。

お隣のブースで、当院スタッフがチャレンジ

外にはアルクマくんも来ていました。

2019年10月4日金曜日

インフルエンザ予防接種を開始します。今年も親子割引を致します。


インフルエンザワクチン接種の季節になりました。すでに、沖縄や東京では流行期になっていると報道されえいます。

当院では1015日から摂取を開始致します。当院かかりつけの患者さんは、通常の受診時に接種が可能ですが、基本的に事前の予約をお願い致します。予約は受診時に行っていますが、お電話でも可能です。

当院にかかりつけでない方は、インターネット予約、あるいは電話で予約をお願い致します。当院では小学生以上の方が接種可能です。今年は消費税増税に伴い、接種代金を下記のように変更させていただきます。ワクチンは十分確保しておりますが、予約が多い場合には途中で終了となることもありますので、ご了承ください。



接種代金:3000円(税込み)。お子さんの2回目の接種:当院指定日2400円。指定日以外2500



今年も子育て支援、親子割引を致します。

高校生までのお子さんを含むご家族2名以上で接種される方:お子さん、親御さんともに12700円。

なお、お支払いにはプレミアム商品券をご利用いただけます。

2019年9月19日木曜日

「ぞっこん!さく市」に今年も参加します。

昨年初参加した「ぞっこん!さく市」に今年もブースを出します。

期日は10月5日(土)10:00~16:30、6日(日)9:00~15:30
会場は駒場公園内、当クリニックのブースは創造館の中です。

昨年と同様、クリニックでも使用している「動脈硬化度」測定検査を無料で行い、看護師が簡単な説明、指導を行います。

同日はクリニックの診療日のため、午前中はスタッフが少なく、昨年と同様、かなりお待たせするかもしれません。このブログをご覧いただいた方はぜひ、午後においでいただけるとうれしいです。午後は、院長も説明、相談に参加します。

多くの方のご来場をお待ちしております。

昨年の様子です。

検査の機械です。血圧測定だけで簡単に動脈硬化度がわかります。

第7回減塩フレンチランチと健康教室開催のご案内


毎回ご好評をいただいております、レストランルカレさんでの「減塩フレンチランチ」と健康教室の7回目を下記のように開催します。

今回の健康教室のテーマは「生活習慣病の治療:治療で必要な検査、結果の読み方」です。治療の中で、いろいろな検査が行われますが、どうして必要なのか、そして結果をどうみていくのか、生活習慣病の関連は?など、皆様の日常の疑問にお答えしたいと思います。


さて、今回も大北シェフが充実したランチメニューを準備しています。




前菜        :地元野菜を使った季節のサラダ

スープ       :完熟カボチャのポタージュ

メイン        :ローストビーフ

デザート:焼きりんごとアイスクリーム



日時:10月12(土)日、11月16日(土)12:30~

会場:レストラン ルカレ

    佐久市中込3020-2  TEL:0267-77-7605

会費:2400円(税込み)



参加には事前の予約が必要です。レストランルカレさんまで、電話での予約をお願いいたします。

今回より大変申し訳ございませんが、会費を値上げさせていただきます。これまでルカレさんには、多くの皆様に参加していただけるよう、大変無理をお願いして参りました。今後、この会を継続していくためには従来価格では無理な状況となりました。まだ、出血価格なのですが、大北シェフはより充実したランチの提供を目指されています。ぜひ、ご理解いただき、多くの方にご参加いただきたいと思います。

2019年9月8日日曜日

秋の花粉症季節到来

ブログの更新がなかなかできず、申し訳ありません。
さて、ここ数日、私自身の鼻づまり、くしゃみなどの花粉症症状が急激に悪化しています。おまけに咳も少しでます。これまでは、春だけだったのですが、どうも昨年から秋もデビューしてしまったようです。花粉症のアレルギー件であるMAST36検査では、昨年の時点で「ブタクサ」「ヨモギ」などの秋の原因となる花粉は陰性だったのですが、きっと検査に入っていない野草の花粉にアレルギーがあるものと判断しています。
クリニックでも2週間ほど前から症状のある人からお薬の要望がでるようになり、ここ1週間ほどは患者さんが急増しています。
秋のアレルギーの原因として有名な「ブタクサ」は花粉が小さくなりやすく、気管支にも入りやすいため、咳やのどのかゆみなどの原因になりやすいことが知られています。また、喘息にいたることもあります。また、春でもありますが、皮膚のかゆみが症状となることもあります。
秋の花粉症の季節は、なんの花粉にアレルギーを起こしているかで当然違ってきますが、春と同様、やっと涼しくなって過ごしやすくなる時期なのにつらいですよね。
当院でも花粉症の治療をしておりますので、症状で困っている方は是非ご相談においでください。

2019年6月20日木曜日

第6回 レストラン ルカレさんでの「減塩フレンチランチと健康教室」


第6回のルカレさんとの共同企画を下記のように開催します。ランチメニューは野菜たっぷり企画です。

ランチメニューは
前菜:旬の魚のエスカベッシュ(揚げ魚のマリネ)サラダ添え
メイン:野菜をたっぷり食べるスープ ガルビュール
デザート:ルバーブのタルト


毎回大変好評をいただいているお料理のデモンストレーション(お料理の作り方をわかりやすくシェフご夫妻に教えていただける企画。)は、前菜で食べていただく魚のエスカベッシュを予定しています。カウンターのあるルカレさんならではのお料理教室です。


健康教室の今回のテーマは「新しい高血圧の治療目標」です。今年4月に高血圧学会のガイドラインが5年ぶりに改訂になり、高血圧治療の血圧目標が10下がりました。そのポイントや対策をわかりやすくお話ししたいと思います。

参加には事前の予約が必要です。レストラン ルカレさんまでお電話ください。

開催日時:7月6日(土)、8月3日(土)12:00開店、お料理のスタートは12:30

  ランチ;12:30~13:50頃
  お料理のデモンストレーション:13:50~14:10頃
  健康教室:14:20~15:00頃

会場:レストラン ル カレ
   佐久市中込3020-2  TEL: 0267-77-7605
会費:2000円(税込み)















































































































































今回の健康教室のテーマーマは「新しい高血圧の治療目標」です。今年4月、5年ぶりに高血圧ガイドラインが変更になりました。降圧目標が10も低下したわけですが、「その理由は?」と対策を中心にお話をします。ルカレさんのランチは、今回は野菜がたっぷりです。どうぞお楽しみ

2019年5月23日木曜日

臨床高血圧フォーラム(久留米市)に参加してきました。

5月11,12日を休診にさせていただき、福岡県久留米市で開催された日本高血圧学会開催の「高血圧フォーラム」に院長、看護師2名で参加してきました。
「高血圧フォーラム」への参加はクリニック開院まえの2017年から続けて3回目です。前日金曜日に、佐久を出発。羽田空港近くのホテルに泊まって、朝5:20にホテルを出発。朝一番のJALで福岡空港に向かいました。

早朝の羽田空港近く、ホテルをでたところです。

今回はなんといっても、4月25日に発刊された「高血圧ガイドライン2019」を中心とした講演が組まれており、例年にくらべてかなり多くの参加者でした。
ガイドライン2019では、高血圧の診断基準値に変更はありませんでしたが、目標血圧は一挙に10mmHgも下がって、家庭血圧の目標は125/75になりました。今回は私も、このガイドラインに沿った講演をすべて聴講。大変勉強になりました。


当院の患者さん、すでにテレビ等で目標が下がったことを知っている方も多いですが、皆さんと、また新たな目標を確認しながら、今後の治療をすすめていきたいと思います。

2019年4月23日火曜日

インスタグラム始めました。

ブログ、なかなか更新できずにおりますが、今日からインスタグラムも始めました。こちらは、これまでのブログ、フェイスブックとは少しことなった、クリニック周辺の様子を中心にお知らせしたいと思います。
インスタグラムで「佐久心臓血圧クリニック」の検索をお願いいたします。

ルカレさんの健康教室、次回5月18日(土曜日)です。

第5回の減塩フレンチランチと健康教室は4月20日に1回目を終了しました。次回は同じ内容で5月18日(土曜日)です。まだ、お席に少し余裕がありますので、ぜひ、皆様お越しください。
私も、今回、ランチを頂戴しましたが、「キクイモのポタージュ」「さわらのゆっくり焼き」ともに大変美味しくいただきました。特に低温調理で焼かれた高知直送の「さわら」は家で食べるあっさりしたさわらとは別物でした。
今回、お料理のデモンストレーションは、今回の前菜にもだされた「キッシュ」の、生地の作り方を中心に教えていただきました。「生地」は家庭で作るのにかなりハードルが高いと思いますが、失敗しないコツを大北シェフ(奥様)に丁寧に教えていただきました。
ルカレさんのフレンチ、味は本格的ですが、気さくなシェフご夫妻のお店は大変アットホームで、フランス料理の堅苦しさなど全くありません。加えて、減塩フレンチも「減塩」など感じさせないおいしさです。ぜひ、皆さんもご参加ください。
デモンストレーションの様子です。
カウンターの向こうで、生地作りを見せていただきます。

2019年3月27日水曜日

第5回レストラン ルカレさんとの「減塩フレンチランチと健康教室」のご案内



第5回「減塩フレンチランチと健康教室」のお知らせです。
今回のテーマは「コレステロールと動脈硬化」です。動脈硬化予防対策の第一歩は、やはり食事ですよね。ルカレさんのおいしいランチを食べながら、食事の大切さを感じていただき、今回も、食事のあとにがんばって健康教室で勉強をしていただきます。


今回のランチメニューは
前菜:アンチョビと玉ねぎのキッシュ、季節のサラダ添え
スープ:キクイモのポタージュ
メイン:サワラのゆっくり焼き、トマトソース
デザート:カカオとベリーのガトーショコラ
(大北シェフからのコメント;動脈硬化予防のイメージで、青魚とポリフェノールをテーマにしてみました。キクイモは血糖値を下げる効果が期待できるとのことです。)

お食事のあとは、大北シェフご夫妻によりお料理教室(シェフによるデモンストレーション)、今回はキッシュの作り方です。これは、ご自宅ですぐに活用できそうですね。

以前のお料理でモンストレーションの様子です
健康教室は院長より、「動脈硬化とコレステロールの関係は?あなたの検査値は大丈夫?」のレクチャーのあと、高血圧循環器病予防療養指導士の資格を持つ看護師よる「悪玉コレステロール上昇を防ぐ食事の対策」についてお話する予定です。


参加費は、通常の、ルカレさんのランチとほとんど変わらない税込み2000円です。これは、主催者がいうのもなんですが、すごくお買い得?と思います。





今回も定員は16名です。美味しいお料理と健康教室にぜひ、ご参加ください。
参加には事前の予約が必要です。予約はレストラン ルカレ(TEL0267-77-7605)までお願いします。

日時:4月20日(土)、5月18日(土)(内容は同じです)
   開店12時、お料理の開始は12時30分頃、終了15時ころ
会場:レストラン ルカレ
   佐久市中込3020-2 グリーンポートさくらい2階
参加費用:2000円(税込み)